医療安全部門

病院組織構成図

セーフティマネジメントフロー

 

遠州病院における医療安全管理対策を進めるため、本指針を定める。

第1条 医療安全管理対策に関する基本的な考え方
(1)医療提供にあたり、事故の発生を未然に防ぐことが原則であり、事故が発生した場合は、救命処置を最優先するともに、再発防止に向けた対策をとる必要がある。本指針は、医療事故を未然に防ぎ、質の高い医療を提供することを目的に策定する。なお、本指針における事故とは、当院の医療提供に関わる場所で医療の全過程において発生するすべての事故を指し、職員の過誤、過失の有無を問わない。
(2)事故防止のための基本的考え方
①患者との信頼関係を強化し、患者と職員との対等な関係基盤とする「患者中心の医療」「患者の安全を最優先に考える医療」の実現を図る。
②ヒューマンエラーが起こりうることを前提として、エラーを誘発しない環境、起こったエラーが事故に発展しないシステムを組織全体で整備する。
③職員の自主的な業務改善や能力向上活動を強化する。
④継続的に医療の質の向上を図る活動を幅広く展開する。

第2条 医療安全管理対策に関する委員会の設置及び運営・管理
(1)各職場よりリスクマネージャーを選出し全職種より構成する医療事故防止委員会(以下、事故防止委員会)を設け、事故防止活動を推進する。
   *詳細は医療事故防止委員会規程参照
(2)各職種の責任者により構成する医療事故対策委員会(以下、対策委員会)を設け、事故発生事後、当該医療事故に対する対策を協議する。
   *詳細は医療事故対策委員会規程参照

付則;
1.本指針は平成13年(2001年)1月1日より施行する。
2.平成15年(2003年)9月 1日改定
3.平成18年(2006年)7月13日改定
4.平成18年(2006年)9月14日改定
5.平成19年(2007年)8月29日改定
6.平成20年(2008年)1月30日改定
7.平成21年(2009年)6月24日改定
8.平成21年(2009年)9月30日改定
9.平成23年(2011年)1月11日改定
JA静岡厚生連 遠州病院