bumon

血液浄化センター

ページの目次

総合病院で、維持透析を行っています。

当院透析センターは浜松市内では歴史も長く、今日まで、長年に亘り地域透析医療の中核を担ってきました。
ガイドラインを基準とした最新の技術をもって透析治療にあたるのは当然のことであるという観点から、当院では経験という貴重なデータを基に、新しい技法、新しい理論を加えた形での透析医療を行っています。

hd1

ベットサイドでは、知識・経験豊富な看護師が皆様の自己管理のお手伝いをし、透析以外にも食事・飲水・運動などの自己管理のアドバイスを行っています。
そして、臨床工学技士は透析機器全ての管理※1を行い、皆様が快適に安心して治療を受けられるよう努めています。

ダイアライザーの膜を介し間接的に血液に触れる透析液に関しても、発熱、敗血症やショック、更にはDIC(播種性血管内凝固症侯群)の誘因の一つである と考えられている有害物質エンドトキシンを取り除くフィルターを全患者監視装置に装着して、安全性を高めています。

また、当院は事務的ではない温かみのある会話、親身な対応を実践しています。
透析治療は長期になることから、患者さんが途中で透析を投げ出してしまう状況が生じてしまうのが現状です。
そこで当院では、患者さんとスタッフとのコミュニケーションを第一と位置づけ、明るく親しみやすい透析センターを目指しています。

※1 業務開始前の始業点検、業務終了後の透析液供給装置及び患者監視装置、配管の消毒、定期的な透析液の細菌培養試験、水処理装置(RO装置)の消耗品交換、患者監視装置内部部品性能試験・交換、エンドトキシンカットフィルター交換、等

総合的なサポート体制

透析医療は透析患者のプライマリーケアでもあるべきとの考えから、透析治療のみならず全身のチェックを定期的に行います。
あらゆる事態に対処すべく、シャント手術、合併症予防治療、社会復帰までトータルに透析生活をバックアップします。透析導入期や合併症をお持ちの重症な方は、入院による透析管理が可能です。
緊急時には院内各科と密接な連携をとり、的確、迅速に対応出来る体制も整えております。また、現在、透析技術の進歩に伴う透析患者さんの高齢化、透析期間の長期化に伴い、様々な合併症の管理が重要になりつつあります。

インフォームドコンセントに基づく医療の重要度が増している昨今、医療情報を分かり易く開示することも、患者さんと医師、スタッフが互いに信頼し合うことにつながる一つの要素だと考えます。それは、皆様が治療に臨む際の安心感にもつながります。
例えば、(ご希望の方には)各人検査結果をデータシートにし治療の方針や成果を見える形でお伝えすることで、分かり易い医療を実践しています。

透析患者さんに対しては、一般的に、ある程度の食事制限やウエイトコントロールが求められているのが現状ですが、透析を適正且つ十分に(長時間透析、高性能膜使用)行うことで、ある程度制限のない生活が可能になってきているのも現実です。

DW(ドライウエイト)の設定に関して

レントゲン検査で測定する心胸比(CTR)、レントゲン検査での肺うっ血の確認、、透析中の血圧、循環器の状態(NTpro-BNP、心エコー)、口渇、 浮腫、等、体全体の状態を考慮した上で決定するのは当然のことですが、当院では“患者さんの意思”も出来る限り尊重し設定を行っています。

【解説】透析患者の生命を脅かす「三大疾患」について、それぞれ透析患者がなりやすい理由と予防について

概要

hd2

ベッド数

  • 45床(内スケールベッド5床)
  • 全電動ベッド

患者様用畳休憩所あり

透析液水質確保加算(2)取得

透析実施時間

  • 9:00〜17:00

実績

○特殊血液浄化実績(回)

2013年度

2014年度

2015年度

2016年度

2017年度
(5/31まで)

PMX
(エンドキシン吸着療法)

12

16

36

57

5

LCAP
(白血球除去療法)

20

8

20

13

5

LDLアフェレシス

0

19

1

0

0

CART
(腹水濾過濃縮再静注法)

79

95

49

26

7

CHDF
(持続的血液濾過透析)

1

85

10

PE
(血漿交換療法)

0

18

3

○透析実績(回)

2013年度

2014年度

2015年度

2016年度

2017年度
(5/31まで)

外来透析

8,961

8,544

8,883

9,542

1,843

病棟透析

48

41

112

73

11