診療科・各部門

bumon

回復期リハビリテーション病棟

 ADL能力(Activities of Daily Living=日常生活活動)の改善と、寝たきりの防止、そして家庭復帰を目的としたリハビリテーションプログラムを、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等が共同で作成し、プログラムに基づいたリハビリテーションを集中的に行うための病棟です。
患者様の一日でも早い社会復帰に向けて、スタッフ一同、心を込めたサポートをいたします。

ページの目次

当院の特色

充実した環境、設備

 回復期リハビリテーション病棟は最上階(12階)に位置し、南は太平洋、北は富士山まで見渡せる素晴らしい景観が自慢です。また、使い勝手が考慮された 車椅子用トイレや自宅の形状に近い浴室、病棟専用運動コーナーなどの設備も整っています。運動コーナーでは、病棟内生活に即した練習を行ったり、リハスタッフ作成の練習メニューに従って自主トレーニングを行っていただいたりしています。日中は皆が集まり、活気のある場となっています。

※左右【← →】にスクロールできます

イベント開催(納涼祭、クリスマス会)

 年に2回のイベントでは、病棟スタッフが演劇や楽器演奏、歌などを披露します。患者様が笑顔になるような、そんな楽しめる場を心がけています。

※左右【← →】にスクロールできます

退院前訪問指導

 退院前にご自宅へ伺い、住宅改修(手すり設置や段差解消)や環境整備、ご家族への介助方法のアドバイスを実施しています。患者様が暮らしやすい環境を提 案させていただいています。写真はケアマネージャー、福祉用具業者、建築業者、理学療法士で住宅改修について話し合いをしている場面です。

退院後の継続したサポート

 当院には、訪問リハビリステーションが併設されています。退院後、ご自宅でのリハビリテーションをご希望される患者様には、継続したリハビリテーションの提供が可能です。入院時の担当リハスタッフから、訪問リハスタッフへの情報提供を密に行い、患者様が安心してご利用いただけるように努めています。

詳細資料

平成23年度
平成24年度
平成25年度
平成25年度(2)