bumon

薬剤科

スタッフ

薬剤師20名 事務員1名

院内薬剤科での仕事

病院内薬剤科の仕事を一部ですが、ご紹介します。

調剤室

 主に入院患者様へのお薬を調剤しています。医師から発行された処方箋をチェックし、そのお薬の用法・用量や飲み合わせ等を確認したうえで、それぞれの薬を集めたり散薬や水薬を混合します。そして他の薬剤師がもう一度処方箋と薬品のチェックをしてお薬が出来上がります。
 その他に、患者様の医薬品情報の提供、患者様からのお薬の質問などにお答えしております。また、医薬品情報は日本語とポルトガル語の2種類を用意しております。

服薬指導

 入院されている患者様のベッドサイドに直接出向き、お薬の飲み方や使い方、薬効、副作用、相互作用などの説明を行っています。また、患者様が入院時に持ってこられた他院で処方されたお薬についても相互作用などをチェックし、服薬管理をしています。

病棟業務

病棟において、医薬品の管理や、医薬品の情報伝達、入院患者様への配薬の準備などを行っております。また、医師,看護師,入院患者様からの質問や相談に答えたり、回診やミーティングに参加して医薬品をより有効かつ安全に使用するための提案をするなどして、入院患者様の療養に関わっております。

医薬品の管理

 薬品がいつも最適な状態で使用されるように薬品の有効期限・温度管理・品質や在庫の管理を行っています。また、入院患者様一人一人の注射薬の処方箋も内服薬と同様に用法・用量や相互作用のチェックをし、注射薬を揃えています。

入院点滴注射剤の無菌調製

 処方箋をチェックし終えた注射薬はインジェクションナースと呼ばれる注射薬の混合に特化した看護師と協力して、点滴注射剤を清潔で安全に使用していただけるように無菌製剤室(クリーンルーム)の中で混合しています。
 無菌製剤室は室内でクラス10000、クリーンベンチ内がクラス100となっております。

洗浄パスボックスからの取り出し 無菌製剤室の内部 クリーンベンチでの混注作業

 

外来化学療法における混注業務

外来で化学療法を受けられる患者様が使用する抗癌剤についても薬剤師がお薬の内容をチェックして、ハザードルームの中の陰圧に調製された安全キャビネット内で清潔・安全に混合しています。

医薬品情報管理業務 (DI:Drug Information)

 医薬品の有効性及び安全性に関する事項、その他医薬品の適正使用のために必要な情報を管理し、医師をはじめ他の医療関係者に提供する業務です。
 厚生労働省や企業、その他の機関からの薬品についての情報を収集・整理しています。また、整理した薬品情報を院内医薬品集として編集・刊行しています。 その他DIニュースなど院内向けに医薬品の情報を流し、院内全ての医療スタッフが最新の医薬品情報を得られるようにしています。

 

おくすりぼっくす

ただいま連載中!

製剤業務

 市販されていないお薬を患者様にあわせて調製したり、病院で使用する消毒薬などの調製を行っています。