図1

内科(腎臓)

ページの目次

 

診療副部長

渥美 浩克  Hirokatsu Atsumi

専門分野 腎疾患・透析療法・腎移植
専門医・認定医 日本内科学会 総合内科専門医
日本内科学会 認定内科医
日本移植学会 移植認定医
日本臨床腎移植学会 腎移植認定医
日本透析医学会 透析専門医
臨床研修指導医
TOTAL NUTRITION THERAPY
業績

医員

中村 将登  Masato Nakamura

専門分野 腎疾患
専門医・認定医 日本内科学会 認定内科医
業績

 

治療方針

主に検尿異常、腎機能障害(急性腎不全、慢性腎不全)、その他腎疾患の診療を行います。また、透析管理も行っています。保存期慢性腎不全に対しては、降圧療法や低蛋白食による腎保護を行い、腎代替療法導入にならないような管理を行います。末期腎不全の状態になり腎代替療法が必要となる時期が近くなれば治療方法について充分説明致します。腎代替療法には透析療法(血液透析、腹膜透析)と腎移植(生体腎移植、死体腎移植)があり、患者様の状態や社会的背景に合わせた治療方針を検討し決定致します。血液透析につきましては、当院血管外科に内シャント作製を依頼し、透析導入の準備を進めていきます。さらに血液透析導入となれば、合併症が出現しないような透析管理を行います。腹膜透析につきましては、基本的には前もって透析用のカテーテルを留置し皮下組織にカテーテルの出口を埋め込んでおきます。その後透析が必要になった時点でカテーテルの出口を取り出して透析を開始するという段階的腹膜透析導入法(SMAP法)による透析導入を行います。どの腎代替療法につきましても充分な説明が必要であるため、当科では腎代替療法外来を設けております。
急性腎不全につきましては、必要に応じて血液浄化療法を施行します。敗血症に対するエンドトキシン吸着療法には迅速に対応いたします。その他の血液浄化療法についても、それぞれの疾患に対する血液浄化療法を行い、他科と連携をして加療を行っていきます。

透析センター及び血液浄化療法実績

 

 

主に取り扱う疾患

  • 急性腎不全
  • 慢性腎不全(保存期および透析管理)
  • 血液浄化療法の対象となる多くの疾患