shinryouka_main

リハビリテーション科

ページの目次

医師紹介

診療部長

山内 克哉  Katsuya Yamauchi

専門分野 リハビリテーション医学一般
専門医・認定医 日本リハビリテーション医学会専門医・認定医
日本障がい者スポーツ協会障がい者スポーツ医
義肢装具等適合判定医
業績など 急性期病棟におけるリハビリテーション医師研修会終了


医長

有賀 隆裕  Takahiro Ariga

専門分野 リハビリテーション医学一般
専門医・認定医
業績など 日本脳卒中学会承認 脳梗塞急性期rt-RA適正使用講習会受講
嚥下機能評価研修会終了
平成28年度3回「がんのリハビリテーション研修」課程修了
静岡県単位型緩和ケア研修会終了
平成28年度義肢装具等適合判定医師研修会終了
ボトックス®講習・実技セミナー参加終了

医員

有本 直人  Naoto Arimoto

専門分野 リハビリテーション医学一般
専門医・認定医
業績など Total Nutritional Therapy 修了

診療科方針

平成25年4月より診療科としてのリハビリテーション科を設置致しました。当科の業務としては、(1)回復期リハビリテーション病棟の運営(2)リハビリテーション科外来が中心になります。

  1. 回復期リハビリテーション病棟は、当院や近隣病院での急性期治療を終えた脳血管障害、運動器障害、その他外科手術後の廃用症候群患者様を受け入れ、在宅復帰を目標に最適なリハビリテーションを提供していきます。県西部の脳卒中地域連携パスに加え、大腿骨頸部骨折地域連携パスへも参加させて頂くことになりました。これら地域連携パスを通じて開業医の先生方との連携を図る機会もましていくと思いますので、何卒よろしく御願い致します。
  2. リハビリテーション科外来につきましては、平成25年5月より開設致しました。運動器障害、脳神経障害、脊髄損傷、嚥下障害、脳性麻痺など、リハビリテーション的アプローチに基づき診断・治療を行っていきます。

ボツリヌス(ボトックス)療法外来のご案内

毎週火曜日・木曜日午後に整形外科外来にてボツリヌス(ボトックス)療法外来を開設しております。
初めての方は、医師が症状を判断した上で、別途ボツリヌス療法外来での治療日を決定します。
※初診当日には治療できませんでのあらかじめご了承ください。

※左右【← →】にスクロールできます

 受診方法 完全予約制
*電話または整形外科外来窓口にて前日16:00までに予約をしてお越しください。
診察受付時間 13:30〜15:30 
(診察時間14:30〜16:00)
お問合せ先 整形外科外来窓口
TEL053(453)1111(代)

痙縮(けいしゅく)について

図1

脳卒中の後遺症としてみられる運動障害の一つに痙縮(けいしゅく)という症状があります。 痙縮とは、意思とは関係なく筋肉の緊張が高まり、手や足が勝手につっぱったり曲がってしまったりしてしまう状態のことです。痙縮では、手の指が握ったままで開きづらい(清潔にしにくい)、肘が曲がり伸びづらい(着替えなどしにくい)、足の先が足の裏側の方へ曲がってしまう(歩くと痛い、装具がつけにくい)などの症状がみられます。

痙縮による姿勢異常が長く続くと、筋肉が固まって関節の運動が制限されてしまう拘縮(こうしゅく)という状態に陥り、ご本人やご家族の日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。また、痙縮そのものがリハビリテーションの障害となることもあるので、痙縮を治療することによりリハビリテーションストレッチ含む)がしやすくなります。

図2
図3

痙縮の治療について

図4

痙縮の治療には、内服薬、ボツリヌス療法、神経ブロック療法、外科的療法、バクロフェン髄注療法などがあります。実際、痙縮の程度や範囲、患者さんの希望などを考慮し、リハビリテーションとこれらの治療法を組み合わせて痙縮の治療を行います。

ボツリヌス療法について

ボツリヌス療法とは、ボツリヌス菌が作り出すボツリヌストキシンと呼ばれるたんぱく質を有効成分とする薬を筋肉内に注射し、痙縮の改善を図る治療法です。
ボツリヌストキシンを筋肉内へ注射すると、筋肉の緊張をやわらげ、痙縮を改善することができます。
ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないので、ボツリヌス菌に感染する危険性はありません。

ボツリヌス療法の効果について

ボツリヌス療法によって、次のような効果が期待できます。
手足の筋肉がやわらかくなり、曲げ伸ばしがしやすくなることで、日常生活動作の制限が軽減されます。
(手を洗いやすくなる、装具がつけやすくなる、くつが履きやすくなる、など)
リハビリテーション(ストレッチ含む)を行いやすくなります。
関節が固まって動きにくくなったり、変形するのを防ぎます。(拘縮予防)
痛みをやわらげる効果が期待できます。
介助の負担を軽減することが期待できます。(着替えの補助、衛生ケアがしやすいなど)

図5

ボツリヌス療法の進め方について

まずは診察をし、治療方針と目標を設定します。ボツリヌス療法の効果は、注射後2-3日目から徐々にあらわれ、通常3-4ヶ月間持続します。その後、数週間で効果は徐々に消えてしまうので、治療を続ける場合には、年に数回、注射を受けることになります。ただし、治療効果や持続期間には個人差があるので、医師と相談をしながら治療計画を立てていきます。

治療スケジュール例

図6

ボツリヌス療法の具体的な治療方法について

細い針で数か所、緊張をゆるめたい筋肉に注射をします。治療時間は約20分から30分くらいです。

ボツリヌス療法の副作用について

ボツリヌス療法を受けた後に、副作用として以下のような症状があらわれることがまれにあります。これらの症状は多くが一時的なものですが、症状があらわれた場合には、医師に相談してください。
注射部位が腫れる、赤くなる、痛みを感じる、体がだるく感じる、力が入りにくい

ボツリヌス療法の治療費について

当院で行う上肢・下肢痙縮の治療は保険が適応されます。通常1割~3割負担で治療が受けられます。
注射を行う部位や、範囲によって費用が異なります。また公的支援制度の助成により、ご自身の負担が軽減出来ることもあります。