平成29年度 遠州病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 818 140 252 388 558 579 955 1319 1343 434
退院患者数を年代別に集計しています。
患者数は増加しており、特に70才以上の患者数が昨年度と比較し約1%増加しています。昨年度同様に70代・80代が全体の約4割を占めています。
若年層が全体に占める割合は少ないのですが、0才~9才の患者数は全体の約1割強に相当します。特に3才以下がその約8割弱を占め、この年代の他医療機関からの紹介で入院となった症例数も昨年度と比較し増加しています。これは小児医療に関して地域医療に貢献した結果と言えます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 147 27.65 20.83 21.09 85.61
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 82 3.32 3.03 1.22 69.52
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 79 13.15 10.61 3.8 77.91
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 74 4.03 4.62 0 72.28
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 67 20.6 17.71 7.46 84.81
誤嚥性肺炎で入院された症例が最も多くなっており、症例数は昨年より増加していますが、平均在院日数は短縮されています。「狭心症」や「心筋梗塞」により冠動脈ステント留置術や冠動脈形成術を行った方は定期的な再検査が必要となります。当院では退院後の継続的な治療を地域の開業医の先生方にお願いし、術後1年後の検査でご紹介をいただいています。待機的に行われる事の多い狭心症、慢性虚血性心疾患の症例が多く、昨年より症例数が増加しているのは、地域医療機関との連携が更に良好にとれている結果と考えられます。消化器疾患では「肝外胆管結石」に対する治療が多くなっています。平均在院日数は全国平均と比較し3日程長くなっており、平均年齢も2才程上昇しています。当院では消化器センターを開設しております。症例数の増加、特に紹介患者の増加はセンターの良好な可動を示していると考えます。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 236 4.03 6.18 1.69 0
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 139 5.09 5.94 0.72 1.15
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 80 4.05 5.5 0 3.64
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 46 5.67 5.7 0 4.02
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 38 4.92 6.32 5.26 3
新生児疾患と感染症が主な入院症例になります。出生後「新生児黄疸」や「新生児一過性多呼吸」等で治療が必要となる場合が多々あります。出生後の疾患に対し速やかに適切な治療を行っています。感染症関連の症例数が増加しており、これらは地域の開業医の先生方から紹介が多い症例です。「ウイルス性腸炎」の増加が目立ちます。脱水症の予防・改善が重要となる症例です。食事・水分補給が困難な場合は入院をお勧めしています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 80 29.43 27.09 10 80.97
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 54 26.93 19.94 1.85 77.96
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 31 8.45 11.41 0 44.68
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 30 13.03 16.53 0 46.17
160850xx97xx0x 足関節・足部の骨折、脱臼 その他の手術あり 定義副傷病 なし 23 8.61 9.49 0 43.91
骨折による入院件数が増加しています。特に股関節大腿骨近位端骨折、胸椎・腰椎骨折の症例が多くなっています。「大腿骨近位端骨折」「胸椎・腰椎骨折」は高齢者の転倒時に発生しやすい疾患で平均年齢も他疾患に比べ高齢です。救急搬送や地域の開業医の先生方からの緊急受診依頼・入院要請の場合が多く、これらの状況に対し速やかに対応しております。また、当院ではスポーツ外来を開設しており、スポーツにより生じた外傷や障害に対しスポーツ専門医が手術や装具使用指導、リハビリなど適切な治療を行っています。また、椎間板変性・ヘルニアに対する手術目的の入院も多く、平均在院日数は全国平均より短く効果的な治療が行われています。平均年齢からみると現役世代であり、予定手術として望ましい治療が行われているといえます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 67 2 3.2 0 65.61
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 24 6.17 6.64 0 58.13
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 11.32 8.98 5.26 72.95
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病 なし 17 5.65 7.01 0 27.59
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 17 4.65 5.56 0 32.24
下肢静脈瘤に対する手術目的の入院が最も多くなっています。当院では下肢静脈瘤に対するラジオ波下肢静脈瘤血管内焼灼術を入院にて行っています。これは ①術中の痛み軽減に対する処置による安静の必要性 ② 術後の早期歩行は患部の腫れや痛みを増強させる恐れがある事による安静の必要性 ③ 翌日の診察の為。 以上3点の目的で、1泊2日としています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 92 9.74 9.91 0 45.85
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 50 9.26 10.27 0 41.94
120140xxxxxxxx 流産 39 1.56 2.43 0 35.56
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 36 20.78 20.41 8.33 30.69
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 22 13.36 12.94 0 57.86
子宮筋腫に対する子宮全摘術目的の入院が最も多い症例です。子宮筋腫は年齢や挙児希望の有無により術式が異なります。いずれの術式を選択するかは、患者と相談し決定しています。卵巣嚢腫等に対する手術目的での入院が増加しています。この症例の約2割が卵巣嚢腫茎捻転による緊急手術です。子宮頸癌・子宮体癌に対する子宮全摘術も増加しています。術式は癌の進展度により選択されます。いずれの症例も全国平均とほぼ同じであり適切な治療が行われていると言えます。また、妊娠期間中、早産・切迫早産等で入院が必要となる場合があります。元気な赤ちゃんに会えるよう、当院では24時間産婦人科医が対応できる体制を整えています。地域の開業医の先生・助産院の助産師さんとも連携し、安心な妊娠期間がすごせるようサポートさせていただいています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 92 6.45 5.75 1.09 60.67
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 53 8.51 7.31 0 75
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 定義副傷病 なし 43 3.26 5.17 0 68.44
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 22 8.05 12.34 0 72.91
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 定義副傷病 なし 22 4.59 7.2 0 66.95
上位5症例中3症例が尿路結石・尿管狭窄に関連した症例です。「水腎症」は尿管や腎臓に出来た結石や狭窄により水腎症を来した症例です。尿路結石に対する手術は様々あり、石の大きさ・硬さ・個数・場所などにより選択される術式は異なります。また数回に分けて行われる場合もあります。経尿道的尿路結石除去(レーザーによるもの)が多くを占めます。膀胱腫瘍(悪性を含む)に関連した症例も増加しています。膀胱癌に対してはその進展度や腫瘍の状況(個数等)により選択される術式が異なります。この場合は早期の癌に対して選択される経尿道的膀胱腫瘍摘出術(TUR-BT)になります。膀胱癌は再発が多いがんです。定期的な内視鏡検査が必要です。経過観察中にその他検査で再発を疑う所見があれば内視鏡検査を行います。内視鏡検査で腫瘍が発見された場合は、そのまま摘出します。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 53 10.04 8.01 0 17.91
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 49 3.33 5.15 0 64.12
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 32 4.41 5.48 0 35.88
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 22 6.05 8.9 0 50.86
030428xxxxxxxx 突発性難聴 15 9.13 9.18 0 50.53
扁桃・アデノイドに関連する症例が多くなっています。扁桃、アデノイド摘出術を目的に入院されています。この手術は幅広い年齢層に対して行われていますが、小学生以下が最も多くその約半数を占めいています。緊急性はない手術の為、計画的に行われる事も多く、学生の長期休暇中に症例数が増えています。扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭炎では、食事が摂取出来ない場合など脱水を防ぐ目的に入院が必要となります。また前庭機能障害(めまい)も多い症例です。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 41 81.2 27.09 0 84.37
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 17 79.47 19.94 0 82.82
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 19.1 - -
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 - - 23.14 - -
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 3、4又は5 - - 20.2 - -
当院は回復期リハビリテーション病棟を開設しております。当症例は一般床で急性期治療を終え、リハビリテーション病棟でリハビリを行い退院された症例の集計になります。他院より直接回復期リハビリテーション病棟へ入院された症例は含みません。
整形外科の集計にも同じ症例があります。それぞれの平均在院日数の差が回復期リハビリ病棟でのリハビリ期間になります。
【リハビリ期間】股関節大腿近位骨折:51.77日 胸椎、腰椎以下骨折損傷:52.51日
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 34.95 19.1 31.58 65.79
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 9.94 7.34 0 51.59
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 26.6 11.75 13.33 81.4
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 11.09 9.68 0 78.64
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 21.36 - -
脳内出血および頭部外傷の症例が上位を占めます。脳神経外科は緊急入院が多い診療科で当該科入院数の95%に相当します。緊急手術が必要な場合も多く、そのような場合も速やかに対応しております。急性期治療終了後、リハビリテーション病棟にてリハビリ主体の治療を行われる方もおります。脳神経外科では治療の主体がリハビリへ移行した後も脳神経外科的フォローが必要な場合には、脳神経外科のまま転棟します。そのため平均在院日数は全国平均と比較し長めになっています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 41 7.85 8.95 0 67.8
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 32 8.41 11.73 0 62.19
080090xxxxxxxx 紅斑症 10 8.3 10.37 0 51.7
080110xxxxx0xx 水疱症 手術・処置等2 なし - - 29.24 - -
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術・処置等1 なし - - 10.89 - -
帯状疱疹の症例が最も多くなっています。一般的に治療方法は内服又は注射になります。急性膿皮症(蜂巣炎/蜂窩織炎)も多い症例です。この疾患は安静が必要となる疾患です。下腿に発症する事が多く、ご自宅で安静が図れない場合は入院を勧めています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 10 6.7 5.8 0 43.4
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし - - 4.14 - -
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし - - 8.5 - -
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり - - 6.45 - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし - - 3.29 - -
腫瘍切除術目的の入院が多くなっています。特に軟部腫瘍摘出術目的の入院が多くの症例を集めています。形成外科の入院はその半数が開業医の先生からの紹介症例であり、その紹介数は昨年より増加しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 24 - 12 18 13 1 7
大腸癌 20 21 23 31 20 1 7
乳癌 - 11 - - 10 1 7
肺癌 - - - 33 - 40 1 7
肝癌 - - - - 40 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌に罹患された方で「がん治療」を主に入院された方を初発・再発で集計しました。
各項目において10症例以上あるもののみ表示しています。
大腸癌・胃癌・乳癌はステージⅠ・Ⅱ・Ⅲなど外科的切除手術を計画・施行される症例が多くなっています。乳癌はホルモン治療にて腫瘍を小さくした後手術を施行する事も多くあります。肺癌は他の癌と比較し、ステージⅣの症例が多くなっています。当院では手術が優先されるステージの方は他院へ紹介するため入院症例は少なくなってしまいます。また、化学療法を外来ではなく入院で行っており、化学療法の治療計画期間も長期で有るため、入退院が繰り返されます。肝癌は再発が多い癌であり、「再発」の症例が最も多くなっています。そのため定期的に画像診断を行い、再発が発見された場合には速やかに治療を行います。肝癌の状態に応じてPEIT(経皮的エタノール注入療法)、RFA(ラジオ波焼灼療法)、TACE(肝動脈化学塞栓療法)等が入院にて行われます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 9.31 53.25
中等症 72 14.97 79.19
重症 30 24.87 88.23
超重症 10 19.3 85
不明 - - -
成人市中肺炎を重症度別に集計しました。「市中肺炎」とは一般の社会生活においてかかる(日常生活を送っている人が病院・診療所の外で感染し発症する)肺炎です。「重症度」は以下の項目をポイント化(1項目/1点)し集計したものです。
①年齢 ②脱水の程度 ③酸素飽和度 ④意識障害の有無 ⑤収縮期血圧
重症度の上昇とともに平均年齢も上昇しています。中程度(1~2点)が最も多くなっています。尚、高齢者に発症しやすい「誤嚥性肺炎」の症例はこの集計に含まれていません。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 145 48.46 76.36 11.04
その他 - - - -
脳梗塞で入院した症例を発症から入院日までの日数で集計しました。基準は発症後3日以内です。約94%が発症後3日以内に入院(治療開始)しています。平均在院日数は3日以降の入院と比較し短くなっています。3日以内発症の転院率は約11%ですが、家庭への退院は約70%です。脳梗塞後は何らかの後遺症が残る場合があります。当院では退院後に安心して療養できる場所を決めるに当たり在宅支援センターを開設しています。また、退院後の療養先として自宅を希望される場合には必要なサポートを患者さん、ご家族と共に検討、調整しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 77 2.86 3.84 2.6 72.48
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 58 1.45 15.83 6.9 79.47
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 50 2.94 5.38 0 75.84
K610-3 内シャント設置術 25 19.92 28.64 8 71.24
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 24 0.04 14.42 0 65.71
経皮的冠動脈ステント留置術は「急性心筋梗塞」・「不安定狭心症」・「その他」と3種類ありますが、計画的に行う術式「その他」が最も多くなっています。留置するステントとして再狭窄抑制型(薬剤溶出型)を使用することにより、再発のリスクの軽減に努めています。尚、冠動脈疾患に対するカテーテル治療は他にも「経皮的冠動脈形成術」や「経皮的冠動脈血栓除去術」があります。内視鏡的胆道ステント留置術は総胆管結石や胆管狭窄等で生じる閉塞性黄疸に対して行われます。同時に乳頭切開を行う場合もあります。下血・下腹部痛等の症状がある場合や検診で便潜血陽性の場合の精密検査として大腸内視鏡検査が行われます。その際ポリープが発見される場合があります。切除出来るポリープに対し内視鏡的粘膜切除術(EMR)が行われます。内シャント設置術は腎機能が悪化し、今後永続的に人工透析が必要となる場合又は、その可能性が強くある場合にその準備として行われる術式です。内科入院で当手術が施行される場合は原疾患悪化により入院され、その過程で予定される手術の為、平均術前日数は他の症例と比較し長くなっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 86 1.78 22.08 6.98 73.26
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 77 3.27 13.71 0 58.94
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 等 29 1.07 1.52 0 45.83
K0821 人工関節置換術(膝) 等 28 1.54 25.32 0 71.75
K0811 人工骨頭挿入術(股) 等 27 2.15 28.63 11.11 84.67
骨折観血的手術(大腿)等と人工骨頭挿入術(股)等の手術はどちらも大腿骨骨折に対する手術です。骨折の状況に応じてどちらかが選択されます。緊急入院の場合が多く入院後数日以内に手術が行われます。骨折観血的手術(前腕)等は昨年の2倍の症例があります。今年度は骨折による入院症例が増加しています。当院では手術までの待機日数が短く、早期に手術が行われています。人工関節置換術(膝)等は主に原発性膝関節症・原発性股関節に対して行われています。この手術は予定で行われることの多い手術です。骨内異物(挿入物を含む)除去術以外は術後にリハビリを行う為入院期間が長くなっています。重点的にリハビリが必要な方は回復期リハビリ病棟に転棟しリハビリ治療を継続しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 67 0 1 0 65.61
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 48 1.15 2.04 0 63.65
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 42 1.9 4.19 0 58.93
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 18 3.44 12.17 0 74.22
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 17 0.47 3.18 0 32.24
下肢静脈瘤血管内焼灼術(ラジオ波)が最も多く施行されています。入院当日に手術が施行され翌日退院になります。以降は腹腔鏡下手術になります。消化器系では、ソケイヘルニア手術・胆のう摘出術、結腸切除術、虫垂切除術の他にも胃切除、直腸切除・切断、腸管癒着剥離、人工肛門造設等幅広く腹腔鏡下手術が行われています。平均術後日数も短く、腹腔鏡下手術のメリットの1つである入院期間の短縮が実現しています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 94 1.65 7.86 0 48.96
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 59 1.25 7.08 0 40.92
K867 子宮頸部(腟部)切除術 45 0.04 1 0 42.69
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 38 0.55 0.03 0 35.68
K861 子宮内膜掻爬術 21 0.19 0.14 0 45.62
子宮筋腫や初期の子宮体癌に対し行われる子宮全摘術が最も多く施行されています。子宮筋腫の場合、開腹(お腹を切る)と膣式(お腹を切らずに膣から行う)の2通りの方法があります。子宮付属器腫瘍摘出術(開腹によるもの)は、卵巣嚢腫、卵巣腫瘍、卵巣嚢腫茎捻転、初期の卵巣癌(IA期)等に対し行われます。この手術は腹腔鏡下で行う事もあります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 94 1.78 4.01 1.06 61.35
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 78 0.41 4.21 0 66.76
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 38 0 1.16 0 50.18
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 36 2.28 4.89 0 75.22
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 17 2.94 5.29 0 74.53
上位3症例は尿路結石・尿管狭窄に対する術式になります。結石の大きさ、堅さ、場所等状況に応じて術式を選択しています。体外衝撃腎・尿管結石破砕術(ESWL)は侵襲の少ない方法です。以下2症例は同じ膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的)(TUR-Bt)で使用薬剤の違いになります。膀胱癌の場合、化学療法として腫瘍切除後そのまま膀胱内薬剤注入(膀胱内にテラルビシンを注入する)を行う事もあります。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 51 1.86 7.41 0 18.45
K319 鼓室形成手術 24 2.08 3.08 0 48.08
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 14 0.5 3.43 0 43.36
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) - - - - -
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
口蓋扁桃手術(摘出)が最も多く施行されています。当院では当手術に対し2013年よりコブレーター(高周波電気凝固治療機器)を使用しており、従来と比較し痛みが少なくなっています。また、小児の場合、アデノイド増殖症を合併している場合も多く、同時に切除します。但し、アデノイド切除の必要性については術中に最終判断している為、術前に切除を予定していても、切除しない場合もあります。鼓室形成術は、慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎に対して行われます。共に予定で行われる手術です。
リハビリテーション科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 35 2.66 81.57 0 83.51
K0811 人工骨頭挿入術(股) 21 6.19 86.48 0 85.38
K0821 人工関節置換術(股) 等 10 2.8 65.7 0 73.5
K1424 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方後方同時固定) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
リハビリテーション科では手術は行っておりません。一般床で手術を行い、リハビリ目的でリハビリ科へ転科と同時に回復期リハビリ病棟へ転棟、退院した症例の集計になります。リハビリテーション科へ転科せず退院された方と比較すると高齢です。平成29年度における回復期リハビリ病棟の在宅復帰率は91.1%です。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 等 - - - - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
形成外科では皮膚腫瘍、外傷、先天疾患、再建を中心に表在性を対象とした外科手術をを行っています。外来で手術を行うことも他診療科に比べ多くなっています。入院で行うかどうかは、疾患にもよりますが、腫瘍切除の場合は、年齢、腫瘍の大きさ・深さ等で決定します。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 17 2.24 23.24 11.76 81.06
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - - - - -
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が多く行われています。来院後早期に手術を施行しています。約70%の方が自宅へ退院されています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 15 0 6.93 13.33 0
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - - - - -
K300 鼓膜切開術 - - - - -
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - - - - -
K7151 腸重積症整復術(非観血的) - - - - -
新生児仮死蘇生術が主な術式となります。帝王切開での出生の場合、小児科医が常に待機しております。経膣分娩であっても、出生後何らかの異常があった場合、分娩過程で新生児に何らかの異常が予想される場合、小児科医が速やかに対応しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 30 0.44
異なる 37 0.55
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 42 0.62
異なる - -
播種性血管内凝固症候群・敗血症において 入院契機病名(入院が必要と判断した病名)と同一というのは、来院された時点での状態が既に重症である又は、その原因となる疾患が入院決定時点で不明である場合です。異なる場合は、その原因となる疾患が判明している場合、若しくは入院後発症した場合です。
敗血症は何らかの原因で細菌感染があり、そこから最近が血液の中に入り全身に広がった状態です。播種性血管内凝固症候群は何らかの病気などに伴って発症しますが、その原因は様々で敗血症などの重症感染もその1つです。敗血症を発症させる原因疾患として肺炎、尿路感染、蜂巣炎、腹膜炎等があります。
手術・処置等の合併症とは術後出血や術後感染症など、術後に発生した疾患もありますが、その他予防接種後発熱(副反応)や詳細不明の薬物性ショックも含まれています。
更新履歴