臨床研究に関する情報公開文書

臨床研究に関する情報公開文書

 臨床研究は、厚生労働省・文部科学省・経済産業省が定めた「人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針」に基づいて実施しております。
 通常、臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で説明・同意を行い実施しますが、次に該当する場合は対象となる方のお一人ずつから直接同意を得る必要はありません。

  • 匿名化されているもの(特定の個人を識別することができないもの)
  • 匿名加工情報又は非識別加工情報
  • 臨床研究同意した際、別の研究に利用することについても同意している場合
  • 社会的に重要性の高い研究に利用される場合
  • 人体から取得された試料を用いない研究

 研究に関する情報を公開した際には研究の対象となる方へ拒否の機会を保障することが必要とされています。
このような手法を「オプトアウト」と言い、当院でオプトアウトを行っている臨床研究は次の通りです。
研究への協力を希望されない場合は、各文書内に記載されている研究の担当者までお知らせください。拒否をされても診療上で不利益を被ることはありません。

オプトアウト

※ PDFファイル(別ウィンドウが開きます)
2021-08-01_(浜松医大 再生・感染病理学講座 岩下寿秀)_子宮頸部細胞診における人工知能( AI ) の異型細胞検出精度に関する研究(作成日:2021年8月19日)(.pdf)
2021-10-02_(リハ_伊澤伸太郎)手術目的で入院された腰部脊柱管狭窄症を有する患者の入院時の心理状態や肥満が退院時の疼痛や痺れに与える影響(作成日:2021年9月7日)(.pdf)
2021-11-01_(泌尿器_高田三喜)泌尿器科希少腫瘍の治療成績と予後解析に関する後方視的研究(作成日:2021年9月21日)
2021-11-02_(泌尿器_高田三喜)腎腫瘍の治療成績と予後解析に関する後方視的研究(作成日:2021年9月21日)
2021-11-03_(泌尿器_高田三喜)男性生殖器腫瘍(前立腺癌・陰茎癌・精巣腫瘍)の治療成績と予後解析に関する後方視的研究(作成日:2021年9月21日)
2021-11-04_(泌尿器_高田三喜)尿路上皮癌の治療成績と予後解析に関する後方視的研究(作成日:2021年9月21日)