病院長あいさつ

intyo

遠州病院のホームページにご訪問していただき、誠にありがとうございます。

 平成19年4月1日より新病院開院となり、病院名を遠州総合病院からJA静岡厚生連遠州病院に変更し、現在に至ります。その間医師数は45名から73名と増え、より充実した医療を行うことができるようになりました。

 当院はICU・初期治療病棟を持ち、地域の救急医療を担う急性期病院であるとともに、回復期リハビリ病棟を持つケアミックスの病院であることより、急性期から慢性期、更には在宅医療までも見据えた一貫した患者さんに優しい医療の提供を実践してきました。
 平成24年10月には紹介率60%以上、逆紹介30%以上の条件を満たし、地域医療支援病院として承認されました。この取得は開業医の先生方との病診連携の強化や救急医療へ積極的な参画の成果であり、これからも更に地域医療に貢献していきたいと考えています。
 在宅医療の充実を図るために、平成22年に訪問リハビリテーションを開設しました。更なるリハビリの充実のためにはリハビリ医の招聘が熱望されていましたが、平成25年4月に待望のリハビリ医が2名常勤医となりました。このことより県西部の回復期リハビリテーションの拠点病院に位置づけられる病院を目指す所存です。

 当院の理念としては、「心と心のふれあう医療」を掲げ、その行動指針の一つとして、患者さんの視点に立った医療を掲げており、「医療は患者さん中心である」という基本方針に基づき、常に患者さんの権利を尊重した医療の実践を心掛けています。お互いの信頼関係を築き上げ、「遠州病院にかかって本当によかっ た」と思っていただける病院を作り上げていくよう、職員一同一層励んでいきたいと考えていますので、皆様方の温かいご支援のほどよろしくお願い申し上げます。