shinryouka_main

内科(神経)

※左右【← →】にスクロールできます

ページの目次

 

医師紹介

診療部長

高橋良知  Yoshitomo Takahashi

専門分野 神経内科(パーキンソン病および類縁疾患、脊髄小脳変性症などの神経変性疾患、
重症筋無力症、多発性硬化症などの神経免疫性疾患)
専門医・認定医 日本神経学会専門医・指導医
日本内科学会認定内科医
業績など 医学博士

診療部長

伊藤充子  Michiko Ito

専門分野 神経内科一般
専門医・認定医 日本神経学会専門医・指導医
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医

 

診療方針

神経内科とは

 脳神経内科と称する場合もあります。対象とするのは、脳と脊髄、末梢神経、筋肉の器質疾患を診療対象とする内科の部門です。一方、機能性疾患であるうつ病、神経症などは心療内科や神経科で診て頂く病気です。

 基本的に、学会ガイドラインに基づいた治療を行います。
他の疾患と症状が似ている事が多い為、他の診療科を受診された後に神経内科へ紹介される場合も多く、他科との連携に力を入れております。

 

主に取り扱う疾患

対象となる病気

  • 脳血管障害の急性期(脳出血、脳梗塞)
  • 神経変性疾患(パーキンソン病、脊髄小脳変性症など)、免疫性神経疾患(多発性硬化症、重症筋無力症)などの神経難病
  • 筋疾患(筋炎、筋ジストロフィー症)
  • 末梢神経障害(慢性炎症性脱髄性ポリニューロパチー、ギランバレー症候群)
  • 炎症(髄膜炎、脳炎)などです。

 頭痛,めまい,しびれ,脱力,ふるえ,言語障害,歩行障害などの症状を対象に精密検査を行います。
 また、アルツハイマー病などの痴呆性疾患(認知症)も対象としています。