作業療法

個々の障がい部位に合わせた指導や助言をすることで不自由になった身体の回復を目指します。また、心理的サポートも重要な役割となります。そして、これらを行うのが作業療法士(Occupational Therapist)であり略して『OT』と呼ばれます。 障がいによっては、毎日繰り返す身の回りのことがあります。OTは対象者の個々に合わせた生活をイメージし個々に合わせた方法や用具を提案することで、それらの動作をより容易に行なえるよう援助します。

ADLアプローチ

調理練習

家庭での役割にも重点を置き細かいニーズに対応します。必要に応じ調理道具を選定し、実際に調理を行ないます。

更衣練習

日常生活で自立が求められる動作です。麻痺や骨折など疾患に応じた練習を行ないます

入浴練習

自宅の浴室を想定した環境で行ないます。また必要に応じ、実際の入浴場面にもアプローチします。

上肢機能アプローチ

関節可動域練習

痛みや関節に制限のある方に対し、関節可動域の改善を目指します。

ペグ

麻痺により筋力低下している方や指先が不自由な方に対して手の練習を目的に行ないます。

自助具・スプリント

手の変形防止・関節保護などを目的に装具の作製を行ないます。自立を助ける道具(生活便利道具)の作製や使用練習も行ないます。

※左右【← →】にスクロールできます

作業活動

ネット手芸・園芸

手工芸などの作業活動を通して指先の練習を行ないます。また、作品を作り上げる事で達成感・満足感が得られます。 園芸では、作業活動を通して全身機能の改善を目指します。

※左右【← →】にスクロールできます